不正大麻・けしの撲滅運動

不正な大麻・けしの撲滅運動について

神奈川県では、県民の皆様を対象として、"大麻・けしに関する正しい知識を持って頂き、不正な栽培及び自生の大麻・けしを除去して、その撲滅を図る運動 (平成19年度不正大麻・けし撲滅運動)"を展開しています。大麻及びけしの不正な栽培や使用は、本人だけではなく、社会一般に大きな悪影響を与える可能 性があります。
もし、これら不正な大麻・けしを発見した場合には、最寄りの警察署、保健所、神奈川県薬務課、麻薬取締官事務所までご連絡を願います。

 

大麻の特徴 >> 詳しくはこちら

けしの種類

けし属植物には多くの種類がありますが、更に育種の進歩に伴って花の色、果実の形、種子の色等が異なる栽培変種が広く各国に分布しています。
わが国では「あへん法」の対象植物で栽培が禁止されている「ソムニフェルム種」及び「セティゲルム種」「麻薬及び向精神薬取締法」の対象植物で栽培が禁止されている「ハカマオニゲシ」をはじめ、鑑賞用として「ひなげし」「おにげし」等が栽培されています。

けしの簡単な見分け方

栽培が禁止されているけし
注意 “あへん法” "麻薬及び向精神薬取締法”により、栽培が禁止されている

品種と特徴

ソムニフェル種 >> 詳しくはこちら
セティゲルム種 >> 詳しくはこちら
ハカマオニゲシ >> 詳しくはこちら

  1. 茎・葉は白っぽい緑色
  2. 草丈が大きく1m以上になる
  3. 茎が太く、しっかりしている感じ
  4. 無毛。あっても極めて少ない
  5. 葉は全体に茎の上部まである
  6. 葉は大きく長楕円形で、まわりの切れ込みが浅い

栽培ができるけし
観賞用として、栽培することが可能である


品種と特徴

ひなげし >> 詳しくはこちら
おにげし >> 詳しくはこちら

  1. 緑色をしている
  2. 草丈が低く80〜90cm止まり
  3. 全草が弱々しい感じ
  4. 全草に粗毛が生えている
  5. 草は茎の下部に密生している
  6. 葉は羽状で、深くさけている
  7. 茎の下方から出ている葉は葉柄をもっている

不正栽培または自生している大麻・けしを発見した場合は、 麻薬取締官事務所、都道府県薬務主管課、保健所、警察署 へ連絡してください。